これで大丈夫!脂性肌の方の正しいニキビ対策!

0 0 0 1
よく読まれている記事
スポンサーリンク

脂性肌で顔がテカテカの女性

みなさん人それぞれ肌質は異なり、人に応じて悩みも変わってきますよね。

例えば、カサカサ水分量の少ない乾燥肌だったり、すぐに赤くなったりヒリヒリしがちな敏感肌、おでこは脂っぽいのにあごは乾燥している混合肌、テカテカ皮脂の多い脂性肌だったり様々です。

その中でも脂性肌は顔がテカったり毛穴の黒ずみが目立つなど肌トラブルを起こしやすい肌質です。またニキビを発症しやすくもあります。

今回はべたつきやすいオイリー肌・脂性肌とニキビの関係について紹介します。

ニキビの原因は毛穴に皮脂や汚れが詰まり、アクネ菌が繁殖することです。
そのため脂性肌の方は汗やべたつきを気にし過ぎて、ニキビの原因となる皮脂を過剰に取り除く洗顔やスキンケアをされる方が多くいます。

しかしそれは間違ったスキンケア方法なんです!

同じ事してませんか?

脂性肌でニキビに悩んでいる方、きちんとその原因を把握し、正しいスキンケアや対策を行い治していきましょう。

【スポンサーリンク】

まず脂性肌はなぜ皮脂の分泌が多いのか知ろう!

まず脂性肌がなぜオイリーでベトベト、ギトギトしたり皮脂の分泌が多いのか原因を紹介します。それが分かれば間違ったスキンケアを行わなくて済むはずです。

そもそも皮膚が分泌する皮脂は、肌の表面を守るためのバリアなんです。

脂性肌の場合、お肌を守ろうとして皮膚が皮脂を過剰に分泌しているからなんですが、なぜそんな過剰に保護する必要があるかというと、お肌の乾燥が原因なんです。

実は肌の乾燥が原因で皮脂の量が増えていた

乾燥剤のイラスト

皮膚の角質層には化粧品でもよく目にする保湿成分セラミドやNMFと言われる成分があり、バリア機能を果たしています。NMFとは天然保湿因子と呼ばれ、アミノ酸やミネラルなどの保湿成分の事です。

しかし皮膚の角質層にあるそれらの保湿成分が水分不足で乾燥を起こすと、バリア機能の働きが悪くなりターンオーバーも乱れます。そしてそれを補うために皮脂の量が増えてしまいます。

脂性肌と乾燥って真逆なので、まさか関係していたとは思わないですよね。

しかし実は乾燥こそがオイリー肌・脂性肌の原因だったんです!

そのため皮脂を取り除こうと何度も洗顔をしたり、余計にオイリー肌・脂性肌になるのを懸念して化粧水や乳液による保湿を控えるとかえって乾燥を招き、さらに皮脂の分泌が増えて脂性肌に拍車がかかる悪循環になってしまうんです。

そうなるとニキビもできやすくなり、また治りにくくもなってしまうんです。
脂性肌の方でなかなかニキビが治らないとか繰り返しできると言う方はきちんと原因が分かっておらず、間違ったスキンケアをしていることが多いと思われます。

脂性肌と勘違いしやすいインナードライ肌もニキビの原因

どちらか悩んでいる女性

それともう一つ気をつけないといけないのが、隠れ乾燥肌と言われるインナードライ肌です。

インナードライ肌とは、皮膚の表面はテカテカ脂っぽいのに皮膚の角質層内は乾燥しているお肌の状態の事です。
実は女性の8割以上がこのインナードライ肌だと言われています。10人いたら8人以上なのでほとんどが対象者と言えます。

なので、実は乾燥肌なのに脂性肌だと勘違いしている方が多く、本来は保湿しなければいけいないところを、先ほどのように何度も念入りに洗顔したり、保湿を控えているケースがあります。

普段それらのスキンケアを行っている方でニキビができる方はインナードライ肌である可能性が高いと思われます。
正しいスキンケアを行うためにはまず自分の肌質がどのような状態なのか把握する必要があります。

そうしないと間違ったスキンケアを続けてしまい、結果的にニキビが治らない、悪化する状態になってしまいます。

脂性肌とインナードライ肌の見分け方

とはいっても自分の肌質を判断するのは難しいですよね?
そこで自分が隠れ乾燥肌・インナードライ肌かどうかの見分け方を紹介します。

  1. まず洗顔します。クレンジングでしっかりメイクも落として下さい。
  2. 洗顔後なにもせずに15分から20分ほど待ちます。化粧水や乳液など付けないで下さい。
  3. お肌の状態を観察します。
  • 顔にテカテカ脂が浮いてきたらオイリー肌・脂性肌の可能性大
  • 顔が乾燥したままだったらインナードライ肌の可能性大

ニキビケアを行う前にしっかりと自分の肌質を見分けて見ましょう。それに応じて対策することが重要です。

男性ホルモンの増加も皮脂の分泌を増やしニキビに悪影響

それともう一つ、皮脂の分泌が増えお肌が脂っぽくなる原因に男性ホルモンの増加があります。
男性ホルモンの特長には皮脂の分泌を増やす働きがあり、女性より男性のほうが顔などが脂っぽいのは、その量が多いからなんです。

その男性ホルモンの量が増える主な原因はストレスによるホルモンバランスの乱れです。
これはどの肌質の方にも当てはまるんですが、ストレスによって男性モルモンが増えると皮脂の量が増え、脂性肌の方だとさらにべたつきが増しニキビに悪影響となるんです。

親から肌質が遺伝している可能性もある

家族のイラスト

ニキビ自体が遺伝することはありませんが、体質、肌質は親から遺伝します。

例えば、

  • 皮脂の多い脂性肌
  • すぐに皮膚が赤くなったり外敵要素に弱い敏感肌
  • カサカサする乾燥肌など

親が脂性肌の方は遺伝していることも十分にあり得ます。親の肌質が一体どうなのか聞いてみてください。

遺伝に関してはこちらの記事で詳しく説明しています。

ニキビは遺伝しませんが体質には気をつけましょう!
ニキビの原因となるものには様々な事があります。 例えばその要因となる食生活やスキンケアの改善、ストレス軽減などは自分で対処できるため、自分でなんとかしようと思えば何と

まとめると、脂性肌がニキビの原因になる理由として、

  • 実は角質層内の潤いが足りていない、インナードライ肌なのに脂性肌だと勘違いして、皮脂を気にするあまり過剰に洗顔したり保湿を控えるなどの間違ったスキンケアによる保湿不足
  • ストレスによる男性ホルモンの増加でさらに皮脂が増えている
  • 肌質の遺伝で元々皮脂が多くリスクが高まることが挙げられます。

皮脂の量を減らす対策や間違った点を改善して行くことが脂性肌の方のニキビ対策になります。

脂性肌の方のニキビケア対策

一番の原因が皮膚の角質層の乾燥です。
まず乾燥を招かないための対策としっかりとした保湿を行うことが大切です。

正しい洗顔とその後の保湿もしっかり行う

洗顔をしている女の子のイラスト

まず洗顔をする回数は朝晩の1日2回で十分です。

顔のテカリを気にしすぎて何度も洗いすぎると返って乾燥を招き余計に皮脂の分泌を促してしまいます。
洗い方も重要です。ゴシゴシ強くこすらずにやさしく丁寧に洗ってください。

そして洗顔後はしっかり保湿します。
いくら肌の表面がテカテカ脂っぽくても皮膚の内部はカラカラに乾燥しているためしっかりと保湿してあげることが大切です。

脂性肌の方にオススメのニキビケア商品ビーグレン

脂性肌の方におすすめのスキンケアはビーグレンです。

こすらなくて良い洗顔料なので肌に負担がかからず、しっかりと不要な皮脂を取り除き、ゲルクリームがしっかりとした保湿で肌バリアを守ります。

また皮脂が酸化して炎症を起こしても、それを沈めてくれる化粧水も効果的です。

何と言っても使用者の満足度98.7%という数字です。ほとんどの方がニキビが良くなった改善されたと答えています。

なかなかニキビが良くならない方にはぜひ試して欲しい商品です。詳しくはこちらの記事で紹介していますので、合わせて読んでみて下さい。

98.7%の人がビーグレンに満足!ニキビに悩まない肌になっています!
繰り返し出来ていたニキビから解放された人がぞくぞく! 満足度98.7%!高いリピート率を誇るビーグレンでニキビ解消された方の声をご確認下さい!

ストレスによる余計な皮脂の分泌を減らす

これは脂性肌の方だけに限ったことではありませんが、ストレスで男性ホルモンが過剰になるとアクネ菌の大好物である皮脂が増えます。
当然毛穴の詰まりの原因になるためニキビ発症のリスクは高まります。

最近イライラしていないか、気分が落ち込んでいないか自分を振り返ってみて下さい。
ストレス解消はそう簡単には出来ることではありませんが、好きなものを食べたり、好きな映画を見たり、スポーツをしたり自分がリラックスできる時間を持つように心がけてみて下さいね。

ストレスはニキビに限らず健康にも悪影響ですからね。

皮脂の酸化によるニキビの炎症にも注意

皮脂はそのまま放置していると酸化してきます。そうするとニキビ部分が炎症を起こしたり、シミやくすみなど肌トラブルの原因になってしまいます。

過剰な洗顔はNGだと書きましたが、顔がテカテカ脂っぽくなったらハンカチや汗拭きシートなどで皮脂を取り除いて下さい。

過剰に皮脂を取り除くと乾燥の原因になるため、バランスよくやり過ぎない程度に行って下さいね。

また皮脂の酸化を予防する抗酸化成分を摂取することもお勧めです。
ビタミンAやビタミンC、ビタミンEなどバランスよく摂ると良いですね。
各ビタミンや含まれる食品はこちらの記事で詳しく説明しています。

ニキビに効果のあるビタミンのまとめ!
ニキビに関係の深いビタミン、食事について紹介します。ニキビが出来る原因には様々なものがありますが、普段の食生活が非常に大切であることは皆さんもご存じだと思います。 例

おすすめの化粧下地&ファンデーション

脂性肌の方の悩みの一つにお化粧があると思います。
お化粧しても顔がテカるとか、崩れるといった事ありませんか?

化粧下地ではニキビに影響が少ない低刺激なノンコメドジェニックの物や紫外線対策・UVカット効果があって抗酸化成分が配合されている物、またファンデーションに関しては、油分の多いリキッドタイプよりパウダー系の方が良いなど様々なものがあります。

実際に使ってみないと自分の肌に合うかどうか分かりませんが、おすすめする化粧下地やファンデーションは、
SPF20・PA++ 皮脂や汗によるくずれに強くサラッとした付け心地でテカリのない仕上がりを持続

10時間のテストのデータで検証済みで汗をかいてもくずれにくい

またニキビとファンデーションについてはこちらの記事でも紹介しています。

大人ニキビには油分の少ないファンデーションを使用しましょう!
お肌のプロフェッショナルと言われる、よしき皮膚科クリニック銀座代表の吉木伸子先生が度々いろいろな番組等で大人ニキビについて紹介されていて、目からウロコな情報もたくさんありま

まとめ:正しい洗顔と保湿をしましょう!

脂性肌の方のニキビの原因は、

  • 皮脂を気にしすぎて洗顔を過剰にしてしまうことによる乾燥
  • 保湿が足りないことです

その理由は皮膚の奥が乾燥していてそれが皮脂の分泌を招いていること、インナードライ肌に気づいていないことによる間違ったスキンケアです。

ニキビを改善させるためには、毎日の正しい洗顔と保湿をしっかり行って下さい。
それに加えてストレスを溜めないこと、食事の栄養バランスも意識すると良いでしょう。

間違った意識やスキンケアを卒業し、ニキビを予防・解消していきましょう!

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
参考になったらSNSでシェアお願いします♪
0 0 0 1
よく読まれている記事はこちら

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このページの先頭へ