赤ニキビの治し方は炎症を抑えて予防までする事!

0 0 0
よく読まれている記事
スポンサーリンク

赤ニキビの画像

毛穴が炎症を起こして痛く、見た目も気になる赤ニキビの治し方を紹介します。

ご存知の方も多いと思いますけど症状に応じて段階があり、赤ニキビは、白ニキビ、黒ニキビが悪化した状態です。

症状としては結構進行した状態なので気をつけなければいけません!

何を注意しなければいけないかと言うと、そのまま放置して状況が悪く進行すると、化膿して黄ニキビになったり、色素が沈着しニキビ跡が残ったり、最悪クレーター肌になる可能性があるからなんですね。

そのためこれ以上悪化させないためにしっかり対処しておかないといけません!

現状の赤ニキビのままでも炎症を起こしているので、あごや頬に出来ると赤ら顔が目立ちますし、肌が腫れるので人目が気になりますよね。

しかも繰り返し再発しやすいのでかなり厄介なんですよね!

赤ニキビでお困りの方へ、その原因と解消法を紹介しますので、跡が残らないようにこの段階でしっかり治して、再発しないように予防しましょう!

【スポンサーリンク】

赤ニキビの原因

まずは赤ニキビの原因から見ていきましょう。

毛穴に汚れが詰まって芯(白い膿)が溜まる白ニキビが悪化して炎症を起こした状態が赤ニキビです。

毛穴の中で皮脂汚れ大好きなアクネ菌が繁殖して炎症を起こします。

それによって肌が赤くなり腫れを伴うんですね。

赤ニキビが出来る原因は基本的には同じです。

毛穴の皮脂汚れでアクネ菌が繁殖

毛穴の皮脂汚れのイラスト

毛穴に詰まった皮脂汚れを好んでアクネ菌が繁殖するため、そもそもの汚れが原因なんですね。

毛穴が詰まる原因には様々な要因がありますが、

  • 思春期など皮脂分泌の多い時期
  • お肌の乾燥
  • スキンケア不足
  • 生理前やストレスによるホルモンバランスの乱れ
  • 睡眠不足による肌のターンオーバーの乱れ
  • 食事による栄養バランスの偏りも当然関係しています

それらによる毛穴の詰まりをうまく解消出来ていない為に、アクネ菌が増加して炎症を起こしているんですね。

では赤ニキビが出来てしまった場合、どうやって治せば良いのでしょうか?

赤ニキビの治し方

ナースのイラスト

赤ニキビはお肌が炎症を起こしている状態なので、まずはそれを抑える必要があります。

初めに言っておきますが、赤ニキビの治療には時間がかかります。

痛みもそうですが、見た目が赤く腫れているので目立ちますよね。それがどうしても気になってとにかく早く治したい方がほとんどだと思います。

とにかく顔の赤みを目立たなくしたい方は、皮膚科に相談し薬を処方してもらって下さい。

抗生物質やステロイドなど処方してくれると思います。それで炎症を抑えて赤みを目立たなくすることは出来ます。またケミカルピーリング治療を行っているところもありますので医師に相談してみて下さい。

しかし時間的な事や治療費の面で皮膚科に行けない、自分でケアしたい方もいるでしょう。そのような方は市販の炎症を抑えるニキビ薬を使ってください。

しかしそれだけでは根本的な解決にはなりません!

薬で一時的に炎症を抑えてもまた赤ニキビが再発すれば同じことの繰り返しになりますので、元からニキビが出来にくい肌にしていく必要があるんですね。

赤ニキビが慢性化しないようにその原因となっている根本的な問題を取り除き予防していかないとけません。
学校や仕事でとにかく赤みや腫れが目立つのが嫌な人は薬で炎症を抑え、その間に毛穴の詰まりやニキビの原因になっているスキンケアや生活習慣の改善をしましょう。

では具体的な治し方ですが、赤ニキビに効果のある市販薬とやってはいけない注意事項を紹介しますので、しっかり守って下さい。

また薬治療以外の洗顔、生活習慣の改善まできちんとセルフケアして下さいね!

薬でニキビの炎症を抑える

ここでは皮膚科で処方されるステロイドや抗生物質ではなく、薬局やインターネットで購入できるニキビ薬を紹介します。

赤ニキビ部分に少量をやさしく塗布して下さい。炎症を抑えてくれます。

アクネ菌を殺菌、ビタミンC配合でニキビの赤みを抑えてくれます。

触って刺激を与えない

赤ニキビは肌が炎症を起こしている状態なので、とにかく触ったらいけません。

痛くても痒くても気になっても絶対触っちゃダメです!

確実に悪化してしまいます!

ニキビに限らず怪我や炎症性の皮膚の病気を起こしている時は、肌の防御機能が低下しています。
肌がダメージを受けているので刺激を与えると余計に悪化しちゃうんですね。

そのため赤ニキビは触らない、潰さない事を徹底して守って下さい!

あと自分の手で触らなくても、赤ニキビに当たったら一緒です。
そのため衣服の摩擦もダメですし、髪の毛やマスクで隠すのもNGです。

メイクについては出来れば控えた方が良いですが、遊びや仕事など外出する際にすっぴんで行く訳にはいかないと思いますので、なるべく塗りすぎないように注意します。

赤ニキビを化粧で隠す場合は、油分が少なく粉が多いフェイスパウダーやパウダーファンデーションが良いでしょうね。

またブラシやパフなどのメイク道具も清潔な物を使用して下さいね。

メイクする際や洗顔で落とす際は強く擦ったり潰さないように優しくを気をつけて下さい!

ニキビの原因になっている生活習慣を見直す

ニキビを誘発する生活習慣には、

  • ストレス
  • 食生活
  • 睡眠不足
  • 間違った洗顔、スキンケア
  • 肌の乾燥などがあります

毛穴に皮脂汚れが詰まってアクネ菌が炎症を起こすことが赤ニキビの原因なので、まずは

  • ストレスや乾燥で毛穴が詰まり易くなっていないか
  • 洗顔のしすぎで皮脂の過剰な分泌を招いていないか
  • 睡眠不足で肌バリアが弱っていないか
  • 食事の回数や栄養バランスが偏っていないかなど確認して下さい

例えば上京して一人暮らしを始め、自炊をほとんどしないため外食やコンビニ弁当ばかり食べていませんか?

身の回りの掃除や洗濯など全部自分でしないといけないのでストレスになっていませんか?

夜中までスマホをいじっていたり、仕事付き合いでお酒の飲み過ぎや寝不足になっていませんか?

人によりいろいろな生活習慣がありますが、原因になっている事がないかもう一度自分の生活を見直して下さい。

それが対処法でありニキビ予防に繋がります。

正しい洗顔と保湿をする

いくら赤ニキビが気になるからといって一日何度も、ゴシゴシこすりすぎるやり方は危険です。

洗顔は朝晩の一日二回で十分です。
顔を洗う際もゴシゴシではなく優しく刺激を与えないように注意して下さいね。

詳しい洗顔方法はこちら

また赤ニキビの場合、アクネ菌が増えて炎症を起こしてますので、炎症を抑える効果のあるビーグレンをお勧めします。

根本的にニキビが出来にくい肌へと改善する効果もあるのでおすすめです!

トライアルセットを試した感想も書いていますので、ぜひ参考にしてみて下さいね!

まとめ

赤ニキビはお肌が炎症を起こしているため、見た目だけでなく痛みもあり厄介です。

またさらに悪化するとニキビ跡が残ってしまうため早めに治しておかないと大変です。

赤ニキビが出来てしまったら、まず薬で炎症を抑えつつ、ニキビが再発しないような対策を行わないと行けません!

治療の流れとしては、

  • 薬を塗って炎症を抑える
  • 毎日正しい洗顔、保湿をする
  • 原因となっている生活習慣を改める
  • ストレス、食事、睡眠不足、普段のスキンケアなど

完治するには根気がいると思いますが、繰り返し赤ニキビを作らない気持ちでしっかり予防していきましょう。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
参考になったらSNSでシェアお願いします♪
0 0 0
よく読まれている記事はこちら

このページの先頭へ