敏感肌でニキビにお困りの方の正しいスキンケア方法

0 0 0
よく読まれている記事
スポンサーリンク

肌荒れしている女性

今回は敏感肌の方のニキビケア方法を紹介します。

敏感肌は様々な肌質の中でも肌トラブルが多く、悩まれている方もたくさんいると思います。

私も肌が弱く敏感肌でして、合わない洗顔料や化粧水などを使うとすぐにヒリヒリ赤くなったり、痒くなったりします。

他にも敏感肌でありながら脂性肌の場合、洗顔料にアクネ菌を殺菌する成分やスクラブなど洗浄力の強い物が配合されているとヒリヒリして赤くなるので、刺激の少ない物に変えたらきちんと皮脂が落としきれずニキビができてしまった。

また乾燥肌でもある場合、お肌がかぶれたり、しみたりするのできちんと保湿できていない、インナードライ肌だと気づかずに保湿が足りていない事でニキビが悪化した。

このように様々なケースがあります。

これは刺激の強い洗顔料など自分に合っていない物を使っている事と、敏感肌の原因をきちんと把握していないがために、正しいスキンケアができていないからなんですね。

そこで正しいスキンケアで肌質を改善する方法と、なかなか治らない、敏感肌でも赤くならない、しみない洗顔やクレンジング、化粧水をお探しの方におすすめのニキビケア商品も紹介します。

【スポンサーリンク】

敏感肌でニキビができる原因

肌トラブルの多い敏感肌ですが、なぜニキビの発症率も高いのかその原因を見て行きましょう。

乾燥→肌バリア機能の低下→角栓による毛穴の詰まり

毛穴の皮脂汚れのイラスト

まず敏感肌の原因は皮膚の奥にあるセラミドや人が持っているアミノ酸やミネラルなどの天然保湿因子と言われるNMFの保湿成分が不足し、お肌が乾燥することによる肌バリア機能の低下です。

肌を守るバリア機能が弱ると紫外線やお化粧、洗顔料など外的刺激に弱くなり、角質層もカラカラに乾燥してお肌のターンオーバーが乱れてしまいます。

すると角質と皮脂が混ざり合い角栓が毛穴を塞いてしまいニキビの原因になってしまいます。

つまり敏感肌の根本的な原因はお肌の乾燥になります。それが結果的にニキビ発症にも影響しているんです。

ではその乾燥を招いている原因は何なのでしょうか?

その原因の1つに間違ったスキンケアがあります。
具体的には、

  • 熱いお湯で顔を洗うこと
  • ゴシゴシこすりすぎる洗顔
  • 一日何回も洗う
  • ゴシゴシタオルでこする洗顔後の顔拭き
  • 化粧水がしみるなどの理由で保湿を怠ること
  • 刺激の強い洗顔料やクレンジング

このように乾燥を招く行為や刺激、摩擦を加えるスキンケアは逆効果になります。

それと女性の約8割が該当すると言われているインナードライ肌の影響です。
見た目は乾燥していないけど、実は皮膚の奥の角質層は潤いがなくカラカラの状態になっていること。

自分では乾燥肌だと意識していないので、保湿が足りていないんです。

敏感肌の根本的な原因が乾燥によるもの、また悪化の原因が摩擦や刺激によるものなので、そこを改善して正しいスキンケアを行うことがニキビ改善につながります。

敏感肌のニキビケア方法

敏感肌の方のニキビケアのポイントは説明したように、毛穴のつまりの原因となる乾燥を防ぐこと、肌に優しく負担のかからない洗顔です。

つまりやさしく洗顔してしっかり保湿することで弱ったバリア機能を復活させ、刺激にも強い肌に導くことがニキビ解消につながります。

ではどのように洗顔から保湿まで行えば良いのか、敏感肌の方におすすめのスキンケア手順を紹介します。

ファンデーションは油分や刺激の少ない物がおすすめ

ファンデーションの画像

まず洗顔にも大きく関係してくるお化粧について紹介します。

敏感肌の方で肌トラブルの原因になるのがお化粧です。刺激が強いと肌がかぶれたり赤くなったり肌荒れするだけでなく、ニキビを隠そうとファンデーションを厚塗りすると、洗顔時にきちんと落としきれず毛穴のつまりを引き起こすこともあります。

メイクって毎日するものだからこそ、お肌に負担の少ない化粧品を選びたいですよね。

敏感肌の方におすすめのファンデーションは油分や刺激、添加物の少ないフェイスパウダーやパウダーファンデーションです。

こちらは洗顔でも落とせて刺激も少ないのでおすすめです!

洗顔前のクレンジングは刺激や摩擦に注意

では洗顔前のメイク落しです。

よくCMでもシートでさっと拭くとあっという間にメイクが落ちるものがあります。またオイルクレンジングでも簡単に落とせるものがありますが、簡単にメイクが落ちるということはそれだけ洗浄効果が高く刺激が強い証拠です。

シートやコットンで拭く際もお肌への摩擦がダメージを与えるので注意が必要です。そのためなるべく刺激が弱いものを使用するべきです。

クリームタイプや乳液タイプのものなら肌への負担が少ないためオススメです。洗浄力が若干落ちてもその後の洗顔で落とせれば問題ありません。先ほど紹介したファンデーションなら洗顔でも落とせるのでオススメです。

気にしすぎて何回も洗顔したり過剰に擦りすぎるほうが摩擦による刺激や皮脂の落としすぎによる乾燥を招くためNGです。

肌に負担のかからない洗い方と洗顔成分が重要

メイク落しが終わったら次は洗顔です。
顔を洗う際は刺激低減と必要な皮脂まで落とさないようにぬるま湯で行います。

使用する洗顔料も合成界面活性剤やスクラブ配合のものは刺激が強く、ヒリヒリしたりしみたりする場合がありますので、刺激の少ない天然の物を使用したり、擦り過ぎないようにしっかり泡立てやさしく洗います。

また洗い残しが無いようにしっかりすすぎも行って下さいね。

顔を拭くタオルも肌にやさしい物を選ぶ

タオルのイラスト

顔を洗い終わったら拭きますが、そのときに使用するタオルにも注意して下さい。
毛羽立っている物や刺激の強い繊維の物は控えたほうが良いでしょう。

私が使用しているのは、毛羽落ちもなく吸水性も良い、柔らかくて肌触りもやさしい今治タオルです。

敏感肌の方でも安心して使用できるタオルなのでオススメです。

化粧水も保湿成分が角質層まで届かないと意味が無い

化粧水をつけている女性

次は保湿ですね。この保湿が非常に重要です。
ヒリヒリしみるから、また皮膚の表面に脂があるのでやらなくても大丈夫と思っていませんか?

敏感肌のニキビの主な要因は乾燥です。皮膚がテカテカしている人も実は角質層は乾燥しているインナードライ肌かもしれませんので、しっかり保湿は行って下さい。

また一番重要なのが保湿成分を角質層までしっかり届けることです。

いくらバシャバシャ化粧水やクリームを付けても行き届いていなければ意味がありません。化粧水に含まれる成分ももちろん重要ですし、角質層まで潤してくれる事が大切です。

以上のことを踏まえて私がオススメするスキンケア商品を紹介します。

敏感肌の方におすすめのスキンケア商品

洗顔をしている女の子のイラスト

オススメするのは私も実際に試してみたビーグレンです。
>使用者の満足度も98.7%とかなり高いだけあって、ニキビに対して非常に効果は高い製品です。

ではなぜオススメなのかその理由を紹介します。

お肌にやさしい洗顔

薬用の洗顔料に含まれていることの多い抗菌剤や殺菌剤等はビーグレンには含まれていません。

また肌バリアが低下した敏感肌は炎症を起こしていることがありますが、それを抑えるための抗炎症成分が天然成分100%なので負担が少ないんです。

それと他の洗顔料との一番の違いは泡立たない事です!

泡で毛穴の汚れを落とすのではなく、天然の泥成分で汚れを吸着させるためやさしくマッサージする感覚で洗います。お肌に対して摩擦も負担も非常に少ないため敏感肌の人でも大丈夫です。

きちんと角質層まで潤いが届く

どんなに有効な成分も角質層まで行き渡らなければ意味がありません。

ビーグレンは独自の特許技術で成分をナノレベルの分子カプセルに閉じ込めるため奥の角質層まで行き渡ります。

このように敏感肌でも安心して使用でき、しかもその根本的な原因に効果的だからこそ、満足度98.7%という驚異的な数字が出ているんです。

98.7%の人がビーグレンに満足!ニキビに悩まない肌になっています!
繰り返し出来ていたニキビから解放された人がぞくぞく! 満足度98.7%!高いリピート率を誇るビーグレンでニキビ解消された方の声をご確認下さい!

なかなか敏感肌でニキビが治らないとお困りの方は、ビーグレンを試してみると良いでしょう。きっと満足度98.7%の意味が分かるはずです。

特に保湿はしっかり行いお肌に負担のかからないようなスキンケアを心がけることで、ニキビも治ってくるでしょう。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
参考になったらSNSでシェアお願いします♪
0 0 0
よく読まれている記事はこちら

このページの先頭へ