絶対やるべき6ステップ!ニキビを治す、予防する洗顔方法!

0 0 0 1
よく読まれている記事
スポンサーリンク

洗顔の画像

ニキビ予防や解消に効果のある方法の1つに洗顔があります。誰でも顔は毎朝起きてから、お風呂や寝る前に必ず洗いますよね。

男性だったら朝も夜もそのまま水で洗うだけって方がほとんどだと思いますが、女性だとメイクを落とす必要がありますし、洗顔料や石けんを使う方などそれぞれ自分なりのやり方があると思います。

でも毎日行なう事だからこそ正しい洗顔方法で行ないたいですよね!

でないと間違った洗顔方法はニキビの原因になり、また悪化の原因にもなります。

洗顔はニキビの原因である余分な皮脂や汚れを落とし、アクネ菌の繁殖を抑えます。
そのため肌を清潔に保つために非常に重要ですのでしっかりと行ないましょう。

今回は洗顔前から後の保湿までその流れを6つのステップで順に説明しますので、ニキビにお困りの方は要チェックですよ!

【スポンサーリンク】

ニキビに効果のある正しい洗顔のやり方

まず男女に関わらず、前髪が長い方はヘアバンドやゴムで髪がおでこや顔に当たらないようにしてから始めましょう。

1. まず顔を洗う手をしっかり洗う

そもそも顔を洗う手が汚れていては意味がありません。

手には目に見えない多くの雑菌が付いていますので、まずはそこから行ないます。

ニキビがうつる事はありませんが、不要な雑菌やアクネ菌が付着するリスクは減らしましょう!

2. 水ではなくぬるま湯で洗顔する

まず石けんや洗顔料を使う前に水でそのまま顔を洗います。その時に冷たい水ではなく、ぬるま湯にすることで毛穴を開き汚れや皮脂を落としやすくします。

水が冷たすぎると毛穴が引き締まりますし、お湯が熱すぎると必要な皮脂や潤いまで落としてしまうため逆効果になってしまいます。

※なぜ逆効果になるかというと、必要な皮脂や水分が不足すると乾燥を招き、さらに皮脂の分泌を増やしてしますからです。

朝の時間がない時などは、濡れたタオルを電子レンジでチンすれば蒸しタオルになるので、熱すぎないように冷ましてから、顔に当てておき毛穴を開いておくのも良いでしょう。

3. しっかり泡立てて優しく洗う

ぬるま湯で洗顔が終わったら、石けんや洗顔料をしっかり泡立てます。

よくCMでも見かけますが、泡立てた泡を手のひらに乗せ、逆さまにしても落ちないくらいに泡立てると良いですね。

石けんを泡立てる時は泡立てネットを使うとすぐにフワフワの泡が出来ますので使用するといいですね。無印や100均でも売ってますので買っておきましょう。

そして洗う際はゆっくりやさしく洗います。ゴシゴシ激しく洗うとニキビを潰したり、お肌を傷つける、乾燥を招く事もあるので注意しましょう。

また皮脂の分泌の多いおでこや小鼻はしっかりと洗いましょうね。

※よく泡立てて洗うと書きましたが、中には泡立たない洗顔料もありますので、それぞれの使用方法を優先して下さい。

洗い終わったら次はすすぎです。

4. 泡が残らないようにきれいにすすぐ

顔をすすぐ時は水ではなくぬるま湯で時間をかけてきれいに洗い流します。

特にあごやおでこ、こめかみ、髪の生え際など泡が残りやすい所はきれいに洗い流しましょう。洗顔やシャンプーなどの洗い残しはおでこのニキビの原因にもなります。

またシャワーで洗い流すのはNGです。水圧の刺激が強いのでニキビによくないだけでなく顔のたるみの原因にもなります。

面倒ではありますが、手でしっかり洗い流しましょう。

5. きれいなタオルで優しく拭く

洗い終わったからと言って終わりではありません。顔の拭き方も重要な事の一つで、やり方によってはニキビを悪化させてしまう原因になります。

すすぎも終わったらきれいなタオルでやさしく拭き取ります。洗濯していない汚いものを使用すると、せっかくきれいに顔を洗ったのに雑菌等が付着して意味がありませんからね。

タオル自体も柔らかい素材の物の方がより良いでしょう。綿100%の物などお肌に刺激の少ない素材の物の方が尚良いですね。

拭き取る際もゴシゴシ激しくしないように気をつけ、トントンと水気を取るようにやさしく行ないましょう。

6. 保湿する

まだまだ終わりではありませんよ!最後に保湿を行ないます。

保湿って油分みたいなイメージがあるので逆にニキビが悪化しそうに思えますがこれもきちんと行なわないとダメなんです。

洗顔後に必要な水分が逃げてしまわないように、化粧水や乳液、クリーム、ソンバーユなどで潤いを閉じ込めます。

脂性肌の方はベトベトするのを敬遠して保湿を怠りがちになりますが、きちんと行って下さい。

その理由はこちらで詳しく説明しています。

これで大丈夫!脂性肌の方の正しいニキビ対策!
みなさん人それぞれ肌質は異なり、人に応じて悩みも変わってきますよね。 例えば、カサカサ水分量の少ない乾燥肌だったり、すぐに赤くなったりヒリヒリしがちな敏感肌、おでこは

このように洗顔と言っても洗う前から保湿まで結構面倒ではありますが、毎日行なう事だからこそきちんとした手順で行ないましょう。

正しく続けることでニキビ予防、解消になります。

洗顔回数は1日2回で十分

よくニキビや顔の皮脂、べとつきが気になるからと言って1日に何回も洗顔する方がいますが、洗い過ぎはお肌の乾燥を招き逆効果になる場合があるので注意が必要です。

日本皮膚科学会によれば朝と夜の1日2回の洗顔でOKとの事です。

もちろん日中に運動して汗だくになったり、夏の時期などはそのままにせず軽く洗顔したり、汗を拭き取ることは必要です。

自分の肌に合った洗顔料を使いましょう

洗顔料にも様々な種類があり、価格はもちろんのこと、含まれている成分も異なります。

人それぞれ肌質も異なるため、人に良くてもそれが自分に合うかどうかは使って見ないと分かりません。

なかなかニキビが治らない、自分に合った洗顔料を探している方は、まずはお試しセットをおすすめします。

皮脂の分泌の多い10代、思春期におすすめ!またこれ1本で洗顔から保湿まで出来るのでスキンケアが面倒な方にもおすすめです!

【満足度90%】10代のニキビケアはこれ1本でOK!
体験モニターの90%が満足と回答! コスメ口コミサイトのランキングでも1位を獲得! 思春期の学生や10代でニキビに悩んでいる方にぜひ使って欲しいファース

敏感肌、乾燥肌の方、コスパ重視の人へおすすめ!

肌が弱い人におすすめ!安くてニキビをケアする洗顔料!
敏感肌ですぐ赤くなったりヒリヒリする 肌が荒れやすい 乾燥肌である 繰り返すニキビが治らない すぐに効果が出るものがほしい 安くてコスパが良いニキビケア製品を

オールスキンタイプなので乾燥肌、敏感肌、脂性肌、炎症でニキビ跡が赤くなっている方にもおすすめ!価格は決して安くはないけど、私も使ってみてその効果を実感しました!

98.7%の人がビーグレンに満足!ニキビに悩まない肌になっています!
繰り返し出来ていたニキビから解放された人がぞくぞく! 満足度98.7%!高いリピート率を誇るビーグレンでニキビ解消された方の声をご確認下さい!

正しい洗顔方法と自分に合った洗顔料で、しっかりニキビ対策していきましょう!

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
参考になったらSNSでシェアお願いします♪
0 0 0 1
よく読まれている記事はこちら

One Response to “絶対やるべき6ステップ!ニキビを治す、予防する洗顔方法!”

  1. 埜中 より:

    私は元々肌が弱くて、最近ニキビに困っていました。
    現在は鼻下にできてしまい、対処法が分からなかったのでこのサイトを見て、夜更しし過ぎたなと思いました。

    ほぼ全体的にニキビはあって、洗顔も最近テキトーだったのでそれが原因と思います。

    すぐには治らないと思いますが、コツコツ頑張りたいと思っています!

    ありがとうございました!

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このページの先頭へ