二の腕ニキビやブツブツをきれいに治す方法!

0 0 0
よく読まれている記事
スポンサーリンク

腕のブツブツを気にする女性のイラスト

二の腕のニキビのようなブツブツ、きれいに治したいですよね。

5月頃から暑くなるとノースリーブやTシャツやワンピースなど二の腕を出すファッションをする機会が増えてきます。

また、女性であればパーティーや結婚式でドレスを着る時や、温泉、プールなどでも二の腕を出すことがありますよね。男性だったらTシャツやタンクトップからのぞく筋肉モリモリの上腕を見せたいかもしれませんが、それもブツブツがあってはかっこよさも半減しちゃいます。

エクササイズやダンベルを使って気になる二の腕のプルプルやぜい肉脂肪を落とす人も多いと思いますが、それ以前に見た目がザラザラしていたり、赤い、黒ずんでいたらそっちの方が気になりますよね。

コーディネートで言えばカーディガンのディレクター巻きや肩掛けで隠している方もいるかもしれません。

目薬やメンソレータムでおなじみのロート製薬によると、約3.5人に1人が二の腕のニキビやブツブツ、ザラザラしたさめ肌に悩んだ事があるそうです。

自分で腕の裏を確認することなんてほとんどありませんが、思ったよりも多くの人が悩んでいるのにビックリしました。

そこで今回は二の腕のブツブツの原因と治し方について紹介します。

対策を紹介する前にまず出来ているものがニキビなのか、もしくは小さければ毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)なのかそれ以外のものなのか、きちんと判断してそれぞれに合った治療や対策を行うことが大切です。

【スポンサーリンク】

まずは二の腕のブツブツの原因が何なのか見分ける

まず初めに確認することはしっかりとブツブツの原因を把握することです。

それによって治療法も異なってきますので、それがニキビなのか毛孔性苔癬なのかそれぞれの症状の特徴と治し方を見て行きましょう。

毛孔性苔癬の原因と症状

アトピーのイラスト

ではまず毛孔性苔癬(もうこうせいたいせん)ですが、毛穴に角質が溜まりの皮膚の表面が盛り上がってくる皮膚病の一種です。

症状と特徴ですが、

  • ブツブツに色はないが炎症で紅褐色になる場合がある(ニキビのように赤く大きく拡がらない)
  • ざらざらしている
  • 乾燥すると悪化するため冬場に症状が出る方が多い
  • 小児期から思春期に多く30代までには治る傾向が高い
  • 年を重ねるごとに自然と治っていく
  • 二の腕だけでなく背中や肩、太ももにも発症し左右対称に出来ることが多い
  • 痛みやかゆみはない
  • 特に治療をせずとも健康上の問題はない
  • アトピー性皮膚炎や肥満体系の方に多くみられる

原因は、毛穴に皮脂などの汚れが詰まり、それが遺伝子の変異を引き起こしてできる事だとされていますが、はっきりとした原因はまだ解明されていないようです。

また遺伝するケースも多く両親や家族に同じ症状が出ているケースがあります。

知恵袋などの質問サイトでも二の腕のブツブツに悩んでいる方からの投稿がありました。

どうしても二の腕のブツブツが治らないので皮膚科に行ったら遺伝が原因だから完治は難しいと言われたそうです。

また他の方の声は放置していても健康上問題ない、年齢と共に消えてくると言われたようです。

健康上問題なくても見た目が汚いので早く治したいですよね。

人に全く見られることがなければ自然治癒を待っても良いですが、結婚式でドレスを着るとか、腕を出す洋服を着たい場合は早く治したいですよね。

治し方は後ほど紹介します。

その前に二の腕のブツブツがニキビである場合の原因を紹介します。

二の腕ニキビの症状と原因

症状は他の場所に出来るニキビと同じで、赤くなったり白く膿が溜まったりします。潰してしまうとかさぶたや跡が残って汚くなるので注意してください。

ブツブツの判断は先ほどの毛孔性苔癬の症状と比べてみると良いでしょう。

二の腕のブツブツがニキビである場合の原因は、他のところにできるニキビと同じですね。二の腕は汗をかきにくく肌が乾燥しやすい場所です。

お肌が乾燥すると毛穴が小さくなり、少しの汚れでも詰まりやすくなります。
そのため皮脂汚れなどそのままにしておくとすぐに毛穴がつまりアクネ菌が繁殖しやすくなります。

また汗をかいた後の皮脂の汚れやボディーソープ等の洗い残し、ストレスなどの生活習慣も影響します。腕の後ろは見えにくい場所でもあるためケア不足がその要因になります。

二の腕のブツブツのケア方法

ドレスを着た女性

まず原因がニキビであった場合の治し方ですが、

  • 肌をきれいに保つこと
  • お風呂では汚れや洗い残しの無いようにしっかり流す
  • 保湿をしっかりする
  • 十分な睡眠時間を確保して規則正しい生活を送る
  • バランスの良い食事を心がけることも重要です。

この中で最も重要なのは保湿です。
しっかり保湿してあげることで角質層に必要な水分を保持し、新しい細胞がどんどんと皮脂の表面に上がってきます。

すると古い角質が剥がれ落ちブツブツがなくなりスベスベのお肌に生まれ変わるんですね。

ではどのように保湿するのか?ですがお勧めは背中や首周り、二の腕に使えるジュエルレインというニキビケアジェルです。

120日の返金保証もあるのでぜひ試してみて下さい。
>>腕のざらつきや赤みが減ったなどの詳しい口コミ等はこちらです。

では二の腕のブツブツが毛孔性苔癬だった場合ですが、確かに保湿は重要なので行っていただきたいのですが、上記の保湿ジェルでは良くなりません。
毛穴の角質を柔らかくして取り除く必要があります。

自宅ケアとしては、尿素入りのクリームで毛穴に詰まった角質を取り除いてあげることです。

肌質や症状具合により効果の賛否はあるようです。

しかしこれは症状が軽い場合のみで、重度の場合は自宅ケアではなかなか完治が難しいです。

その場合は皮膚科で角質軟化剤、角質溶解剤などの薬をもらったり、レーザー治療を行うところもあります。

その他、毛孔性苔癬を悪化させないためにできることは、

  • 二の腕を洗う際にブツブツをゴシゴシこすりすぎない
  • 洗う際はナイロンタオルではなく綿など肌に優しい物を使う
  • 潰さない

この点に注意して下さいね。

気になるとどうしても爪でボリボリかきむしったり潰してしまいますが、悪化の原因になるので止めましょう!

女性であれば細く引き締まったツルツルの二の腕、男性であれば太くきれいな上腕を目指しましょう。

かゆみがある場合は他の病気が原因かもしれません

毛孔性苔癬の特徴と症状を確認して二の腕のブツブツがニキビなのか何なのか判断できるかもしれませんが、かゆみがあれば湿疹やアトピーなど他の病気である可能性もあります。

このような症状が出ている方は皮膚科に相談されてください。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
参考になったらSNSでシェアお願いします♪
0 0 0
よく読まれている記事はこちら

このページの先頭へ