ピーナッツがニキビの原因になるという噂は嘘でした!

0 0 0
よく読まれている記事
スポンサーリンク

ピーナッツの画像

チョコレートを食べるとニキビが出来やすいというのは嘘という記事を紹介しましたが、チョコレートと同じようにニキビや肌荒れの原因になると言われているピーナッツ。

みなさんもよくこんな噂を耳にしたことがあると思います。

中にはブツブツが出来ると嫌なので、落花生やアーモンドなどのナッツ類を食べるのを控えている方もいるかもしれませんが、果たしてピーナッツも本当にニキビの原因になるのか気になりますよね。

今まで気にされていた方は是非チェックしてみて下さい!

【スポンサーリンク】

ピーナッツがニキビの原因になるという噂は本当?

早速結論から言っちゃいますが、実はピーナッツやアーモンドなどのナッツ類がニキビの原因になるというのは嘘です!

厳密に言うと落花生や加工されていない素焼きの物などは大丈夫です。

チョコレートやピーナッツ自体がニキビの原因となる医学的な根拠はありません。

ではなぜピーナッツがニキビの原因になると言われているのか?

バターのイラスト

それはピーナッツ自体に多くの脂が含まれているため、それが皮脂の分泌につながると思われている為だと思います。

また、加工前の素の物ではなくピーナッツバターのように油で揚げたり、バターで炒めたり加工している食品を食べ過ぎるとニキビができやすいという事のようです。

やはり生の状態よりもバターや油が加わる事によって確実に脂肪分も増えますからね。

確かにナッツ類って生のままの物よりも加工している物を食べる事が多いですよね。

私もビールのおつまみとして柿の種やバタピーをよく食べます。それがニキビの原因につながっているという事です。

生のままで食べるか素焼きであれば問題はないでしょうが、加工しているピーナッツの食べ過ぎには注意が必要です。

先端にある芯(胚芽)も大丈夫

ピーナッツを2つに割ると先端に胚芽と呼ばれる芯みたいな物がありますが、その部分はカロリーが高いとか胚芽がニキビの原因になるとか言われています。

実はこれも嘘で胚芽を食べたからといってニキビが出来る事はありません。

逆にナッツ類にはビタミンや食物繊維が多く含まれており体に良いとされていますので、量やバランスを考えて食べるようにしたいですね。

一度食べ始めると手が止まらなくなりますが、おやつやおつまみとして普通に食べる分には問題ありませんので、気にせず食べて良いと思います。

こういった都市伝説的な噂に惑わされないように、きちんとした知識を持って対策を行ないたいものです。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
参考になったらSNSでシェアお願いします♪
0 0 0
よく読まれている記事はこちら

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このページの先頭へ