乳がんかもしれない”10の初期症状”チェックリスト

0 0 0 1 1
よく読まれている記事
スポンサーリンク

チェックマークのイラスト

乳がんは胃がんなど他のがんに比べて自分で気づきやすい病気です。定期検診に行ったりセルフチェックを行なう事で乳房の異常を発見する事が出来ます。
自覚症状があって乳房に違和感があり病院に行ってみたら乳がんだったというケースも多いようです。

また乳がんには病状の進み具合ごとに病期(ステージ)があり、このステージが初期であればある程他への転移の可能性も低くなりますし完治する確立は高くなります。
どの病気でも言える事ですが、やはり早期に発見して早めに治療する事が完治するために非常に重要です。

最近ではピンクリボン運動など定期検診やセルフチェックを促す活動が多く見受けられます。やはり日頃から自分の体に対して気をつけて、自分で気づく事が大切です。

以下に乳がんの初期症状で現れる項目をピックアップしたので、自分で調べる際に以下の症状が無いかチェックしてみましょう。

【スポンサーリンク】

乳がんの初期症状チェックリスト

  1. 乳房にしこりがある
  2. 乳房にくぼみがある
  3. 乳房が痛い
  4. 乳房が熱を持って熱い
  5. 左右の乳首の位置がずれている
  6. 乳首が陥没している
  7. 乳房の皮膚に赤みや変色がある
  8. 乳頭がただれている
  9. 乳頭から出血や分泌液が出る
  10. 首やわきの下にしこり、腫れがある
    ※乳がんをそのまま放置しておくとワキの下のリンパ節に転移して腫れてきます

乳がんと言えばしこりというイメージがありますが、しこり以外にも様々な症状があるんですね。

中にはしこりはないけど、マンモグラフィ検診をしたら石灰化など異常が見つかったと言う人もいるようです。また乳がんは初期であればある程ほとんど痛みは感じず、かゆみもありません。

母乳を授乳中にしこりがあって痛みがある場合は乳腺炎かもしれませんし、しこりや同じ症状があったからといって必ずしも乳がんであるとは限りませんが、上記のような初期症状がある人はもちろん、無い人でも定期的にに検診を受けられた方が安心だと思います。

少しでも気になった方は早めに乳腺外科などで診察してもらいましょう。

検診や治療方法は日々進化しています

医師達のイラスト

マンモグラフィ検診は乳房が強い力で潰されるので痛いという方が多いようですが、最近では痛みを軽減した新しい機械も開発されているようです。日本人の体型に合わせて機械も改良されているとの事でやはり多くの声を元に日々進化しているのでしょう。

また治療方法においても初期症状の段階であれば、メスを入れたり切ったりしない治療方法が出て来ているようです。

凍結療法といって「がん」を-170度で凍らせてがん細胞を殺すというものです。
この治療法のメリットは手術時間が短く、痛みが少ない、傷跡が目立ちにくいということです。

ただし
『しこりだけでなくて病気の範囲が1センチ以下が条件』
らしいので、やはり治療の幅を広げる為にも早期発見は重要という事です。

他にも手術の跡が目立ちにくい内視鏡手術もあるようです。

また乳房を摘出した場合も乳房再建できる技術というのも日々進化しているようです。体力的にも精神的にも負担を軽減してくれる治療技術は本当にすごいと思います。

補足ですが、以前地元で行なわれている健康セミナーに参加した際に、乳房の模型があり、しこりを探してみましょうというコーナーがありました。

実際に触ってみるとビー玉より少し小さいくらいのしこりが5つくらいあり自分がイメージしていた感じとは違っていました。

こういった機会があればすごく参考になると思いますので、もしそういった機会があれば参加してみて下さい。

【スポンサーリンク】
【スポンサーリンク】
参考になったらSNSでシェアお願いします♪
0 0 0 1 1
よく読まれている記事はこちら

コメントを残す

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。

このページの先頭へ